aoiママの資産づくり

ゆとりある生活を目指して

投資信託を選ぶポイント

 

私の投資信託を選ぶポイントをまとめました。

今後も条件が増えた際は追記していく予定です。

 

前提条件

・長期運用

・毎月積立

ドルコスト平均法。

毎月一定金額を投資「安いときにたくさん買い、高い時には少なく買う」

長期運用することにより購入金額が安定し、価格変動リスクが減らすことができる。

 

インデックス型

勝てるアクティブファンドを目利きするのが難しく、旬が過ぎると一気に下落する可能性が高い。

インデックスファンドはベンチマーク(TOPIXや日経平均株価など)に連動するような堅実な値動きをするので、長期運用の場合はインデックス型を選ぶ。

 

コスト

手数料が高い場合、資産が減る可能性が高いため。

コストとは販売手数料、信託報酬を確認。

信託報酬とは投資信託を管理・運用するのにかかる費用のこと。

 

販売手数料はノーロード、または販売手数料2%以下、信託報酬1%以下の投資信託を選ぶ。

 

運用期間

運用期間が5年以上経過しているファンド選ぶ。

期間の短いファンドでは運用成績の比較ができず参考にならないため。

また、長期運用を目的としているため償還日(=運用終了日)を確認。

無期限または10年以上のファンドを選ぶ。

償還日を迎えると資産は強制的に売却される。

 

 

純資産総額

純資産総額=基準価額×購入口数

純資産が30億円以上で右肩上がりのファンドを選ぶ。

純資産が大きいほど運用が安定しており、多くの投資家から支持を集めているため。