aoiママの資産づくり

ゆとりある生活を目指して

「セルインメイ」って何?

個人の投資家さんのTwitterなどを見ていると、「セルインメイだから~」とつぶやいている方が多かったです。
私「ナニソレ?」←勉強不足。。と言うことで、調べてみました。

セルインメイ(SEEL IN MAY)

セルインメイ(SEEL IN MAY)「株は5月に売れ!」という投資家ならば知っている相場の格言。
この言葉は米国市場で生まれたとされています。
セルインメイには続きがあり、
「Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day.」
「5月に売ってLeger day(9月第2土曜日)まで戻って来るな」
6月~9月は株式市場が軟調になるため5月に売っておきなさいということで、5月は株価が下落するとは少し意味が違うようです。

なぜ5月なのか?

信用取引の売り決済の集中や米国税制度による影響と様々な説が書かれていました。
けれど、私が一番しっくりきた説は

「欧米では夏場は機関投資家が長期休暇に入るから」

日本と違って欧米では1カ月ほどの夏季休暇を取り(羨ましい。。)、時期は6~8月頃に取るそうです。
この格言が生まれたのはいつなのか定かではありませんが、インターネットも普及していない時代だとしたら夏季休暇中に大暴落に巻き込まれないためにも、5月に株式を売っておこうという気持ちになると考えます。
現在ではスマホ一つで株のトレードができますのでこの格言にはなかなか当てはまらないと思いますが、5月に大暴落が起きると「やっぱりセルインメイだから!」と言う方が多そうですね。