aoiママの資産づくり

ゆとりある生活を目指して

電力自由化!電力会社を切り替えてみた

f:id:aoi-life:20200714232918p:plain

電力自由化って?

2016年4月から「電力自由化」がはじまりました。
それまでは各地域の電力会社(我が家の場合、九州電力)が独占して販売しており、自由に選ぶことができませんでした。
2016年4月から電気の小売業の参入が自由化されて、消費者が電気の契約先を自由に選べるようになったのが「電力自由化」です。

でも、大手の電力会社から乗り換えて、突然停電とかしたりしないの?本当に大丈夫なの?

電気は従来の地域電力会社の送電線を通しているから、新電力会社に乗り換えても電気の品質・安定供給に差はないんだよ!


どの電力会社にするか決めよう!

新電力会社は数百とあり決められない!という方は、まずは比較サイトで電力会社の絞り込みをおススメします。
以下のサイトでは世帯人数、在宅状況、現在の電気料金など細かく条件を設定し、シュミレーションしてくれます。
enechange.jp

ただし、このシュミレーションで注意が必要です。
初年度のみ数万円のキャッシュバックキャンペーンを掲げており、顧客取り込みを図っている会社もあります。
初年度だけ安く、翌年はあまり安くないな…となってしまう可能性もあるので要注意。
そのため、電力会社を数社に絞り込んだら、各電力会社のサイトに行き再度シュミレーションをすることをおススメします。


楽天でんきに決めた理由

私は電力会社の比較はせずに、はじめから「楽天でんき」と契約を決めていました。
なぜなら我が家は楽天市場の利用が多く、普段使いのクレジットカードも楽天カード、証券口座も楽天口座に楽天Pay。
現在、楽天経済圏に移行をすすめています。
楽天でんきを契約すると、楽天市場でお買い物の際にポイントが+0.5倍になります。
けれど、ポイントばかりに気が取られて電気代が高くなっては困るのでシュミレーションはしっかりと行いました。

f:id:aoi-life:20200714161110p:plain

画像としては載せていませんが、月ごとのシュミレーションも確認すると約月1,000円程安くなるようですので、年間1万円近くの節約になりそうです!
また、この楽天ポイントですが楽天でんきの支払いとして使用できるそうです!(50ポイントから利用可能)
電気代も節約され、楽天ポイントも付くというので我が家の新電力会社は「楽天でんき」に決定しました。
energy.rakuten.co.jp


申し込みの際につまづいたところ

楽天でんきだけかもしませんが、申し込みの際に現在契約中のプランを選択する箇所がありました。

f:id:aoi-life:20200714223740p:plain

我が家は九州電力の「スマートファミリープラン」を契約しており、該当するプランがありませんでした。
たぶん、「従量電灯B」かな?と思いましたが適当に選び電気代が上がっても困るので、すぐに問い合わせの電話をしました。
平日に電話したためか回線も混んでおらず、すぐにつながりオペレーターの方が大変丁寧に説明してくださいました。
分からなければ即問い合わせしましょう、なんとなくで申し込みをしてしまうと再確認の連絡が届くことになり新電力会社への切り替えが遅くなってしまいます。


本当に安くなった?

契約したばかりなのでまだ分かりません。
3ヵ月ほど利用してみて従来の地域電力会社より高いようならば、また別会社に切替える予定です。
ちなみに楽天でんきは現在のところ解約時の違約金がかかりません、ありがたいですね!
毎月、我が家の光熱費を公開していますので、安くなったかどうかはそちらの記事でご確認ください!